Profile
Search this site.
アクセス数
アクセスカウンター
MOBILE
qrcode
Others
878

いやはや、取り敢えずは良かった、良かった

先週、泊まり掛けで人間ドックに入ったんだけど

その結果は全てパーフェクトではなかった物の、元来高かった血圧がちょっと引っ掛かった位で、後は然したる問題は無かった様だ

癌と呆けは一応まだ先延ばしみたい

ただ、視力がまた思いっ切り下がっていたのと

身長が、5mm縮んで173.1cmになってしまっていた二つは猛烈にショックを受けたけどね

早速、眼鏡を眼鏡屋さんに出して再び度数の直しをお願い中

で、最初の良かった話

何が良かったかと云うと

人間ドックの直後、これまた先週の13日に自費でPCR検査を受けた

結果
「新型コロナウィルスへの罹患が陽性だった場合は今日の朝10時までに電話が有り、その電話が無かったら確実に陰性」と言われ、この時間まで待ったんだけど電話は来ない

正式な証明書は明日か明後日辺りに改めて届くらしいんだけど
恐らく陰性と思われる

今は無症状の罹患者も多くなって来ているし
「多分、大丈夫だろう」と踏んではいても、やっぱり結果が出るまでは冷や冷や物だったからね
取り敢えず安心した

友達の外科医も言っていた様に「PCR検査は、その検査をした瞬間に罹患しているかどうかが分かるだけ」だから

先週の時点“では”陰性だったと云うだけで、気休め程度にしかならないが

それでも検査を受けずに何の手も打たないよりは遥かに意味は有ったと考えるね

これはあくまでも自分が個人的に受けただけで

今月末に、来月に歌舞伎座の歌舞伎公演に携わる人間は全て松竹株式会社の管轄の下、PCR検査を受ける手筈になっている

当然、その時にはもう一度受けるけれど

それに向けても少し気は楽になった

先ずは報告まで

そして、今週末土曜日の「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第十夜”」

ゲストは市川猿弥さんと中村米吉さん

今月、歌舞伎座に出演している猿弥さんに、来月出演予定の僕と米吉さんも“新型コロナウィルス以降、楽屋の使い方等がどう変わったか”等もレクチャーして貰いたいと思っている

観てくれる人もきっと知りたい所だと思うしね

それに猿弥さんはびっくりする位にお喋りだから、僕はいつもよりあまり喋らなくてもいいんではないかと読んでいる

あわ良くば、丸投げしちゃって手抜きさせて貰おうかな

ただ、不味い事も口走りそうだから

そこは心配ではある

下手打って猿弥さんの所為で最終回にさせられでもしたら堪った物ではないからな

そんな場合はストップを掛ける様に見張らなければならないか

兎に角、いつも通り御二人への質問やリクエストをお待ちしつつ、どんな話になるか期待していて頂きたい

さて、今日はまた夕方から日本舞踊協会の臨時理事会と云う名の椅子取りマウンティングゲームに立ち会わねば

名ばかりとは云え、理事に連ならされている訳だから

はてさて、相も変わらずどうなる事やら

| - | 12:58 | comments(11) | - | このページのトップへ
877

今週末金曜日二十時から配信予定の「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第九夜”」

皆さんにももう情報が入っているだろう

ゲストが決まったのでお知らせする

中村萬太郎さんと中村歌昇さんの同い年コンビを迎えてお送りする事になった

萬太郎さんとは普段から数多くの舞台で一緒しているし

歌昇さんは播磨屋系統から初のゲスト

一体、どんな話になるか自分としても楽しみだ

毎回、配信を待っていて下さる皆さんにも是非、期待して頂きたい

また、いつも通り質問や御意見のメッセージも頂けると嬉しいな

そして、日本俳優協会のYOUTUBEチャンネルに

巧く行くと恐らく今日、三本目最後の動画が上がる予定が有るらしい

今までの二回は基本、一人で稽古をしている風景を送らさせて貰った

今度のはちょっと趣向を変えてもう一人、強力な助っ人を頼んで撮ったので

是非、観て感想を送って欲しいと思う

ただ、他の歌舞伎役者達の素晴らしい動画がアップされる可能性も有るので

それが今日間に合うと、僕の動画は次の「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第九夜”」と同日に延びるとの事

だから、今の所は話半分に聞いておいて頂戴

では、僕は今から入院して来る

いや、入院とは言っても、人間ドックで一泊するだけだから、大した事は無いんだけどね

ただ、どんな結果になるかは毎年心配

自分では「恐らく大丈夫だろう」なんて、希望的観測を踏んでいても

こればかりはね

結果が出てみない事には

それにしても

泊まり掛けの人間ドックは初めてなんだよな

前回、新規開拓で行ったクリニックが胃カメラの時に麻酔を使って貰う約束をしていたのに

当日、その約束を反故にされて「嫌がらせか」って酷い目に遭わされたので

今回は去年の夏、手術をして貰った病院が相性が良さそうな気がするからそこで受ける事にしたのだ

今回次第では毎年そこに決まればいいと思っているんだけど

一日とは云え入院中、Wi-Fi使えないと云うのが既にネックなんだがね

やっぱり、ポケットWi-Fiは持っておくべきだったか

それから、こんな時だからPCR検査も纏めてやってくれれば二度手間が省けて面倒臭くないんだけど、それはまた別に改めてじゃなきゃ駄目らしい

はてさて、色々とどうなる事やら

| - | 07:42 | comments(18) | - | このページのトップへ
876

この日記に目を通している方達には、もう御存知かも知れない
来月、歌舞伎座の九月大歌舞伎に出演する事が発表になった
四部制の内、第一部の「寿曽我対面」にて曽我五郎時致を勤めさせて貰う
いや、先ずは率直に有難い話だ
今年の二月以来、六ヶ月
六ヶ月振りの舞台だ
「自分は日本舞踊家、歌舞伎役者を生業として生きて行くのだ」と決めた時から今までで、こんなに長くブランクが空いた事は恐らく無かったと思う
骨折で一度だけ休演した時でさえ、二ヶ月空いたのみだった

義務を果たさずに権利だけを声高に主張する様な真似は自分には出来ないし、する訳も無い
それだけに嬉しさと緊張が心の中に同時に同居している
勿論、怖さも有る
色んな怖さだ
久々に舞台に上がれる怖さ

その久々の舞台で大役を任された怖さ
また、新型コロナウィルスの収まらぬ猛威の影響を考えた時の怖さも有る
だからこそ、自分としては無責任な事は出来ないと考えている
幸い今月、やっと歌舞伎座がこのトラブルの中で試行錯誤を重ねつつ再開場
まだ初日から日は浅いけれど、頼もしき先輩、同輩、後輩達、そしてスタッフの皆が細心の注意を払いつつ先陣を切って、此処までは問題無く公演は進んでいるみたいだ

彼等、彼女等、関わっている全ての人達に尊敬の意を表する

当然、何か憎むべきとんでもないハプニングが起きて、またもや公演取り止めになる可能性も全く無いとは言い切れない状況である事は未だに否めない
しかし
今月、歌舞伎座での歌舞伎興行が表も楽屋側も滞り無く千穐楽まで無事に終わる事が出来る様、心から信じているし
願って止まない
自分も来月は、今月の皆が切り開いてくれている道に泥を塗る事無く
改めて稽古をし直し
また、当然の事だが体調のケアや検査をしっかりとした上で、ちゃんと舞台に臨みたい

| - | 19:30 | - | - | このページのトップへ
875
とうとう電子煙草に手を付けてしまった
Dr.Vape・Model2って奴
今まで、IQOSやGLOは貰い煙草でやった事は有ったんだけど、口の中に後味で紙っぽさが残ってあんまりだったんだよね
中ではこのVapeが一番相性が悪くないかな
元々、煙草はハイライトだから、物足りなさは残る物の
それは仕方無い
煙が出るだけ有難い
今は大体、このDr.Vape・Model2とスヌース(嗅ぎ煙草の一種)の併用が多い
どうやっても煙草種を一切やめると云う選択肢は僕の中では無理な様だ
「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話”」でも、次回辺りからは電子煙草、ひょっとしたら吸わせて頂くかも知れない
先立ってお断りさせて頂いておく
先週の配信でも申し上げた様に、次回の「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第八夜”」は来月八月五日水曜日の二十時から
ゲストは坂東新悟さんと中村福之助さん
新悟さんとの親しい関係は割と皆さん、知ってくれていると思うのだけれど
福之助さんも自分の事を慕ってくれる可愛い後輩なんだよね
是非、お楽しみに
また、いつも通りに御二人への質問や配信への意見等も御待ちしている
それから、東京かわら版と云う専門誌の八月号の巻頭に自分の取材記事が少し載っている
題名は「演芸と私、わたしと演芸」
興味の有る方には読んでみて貰えると嬉しい
月内に雨と雨の間を縫って墓参りにも行けたから、気持ちが少しだけ晴れた
今日は今から病院で定期メンテナンスだ
最後に
晦日には一日早いが、今月、僕が良く聴いた十曲
と、言いたい所なんだけれど
今月は十曲に絞り切れず、丁度切りのいい所で二十曲になってしまった
ちょっと多かったけれど、聴いてみて欲しい曲ばかりだ
Alan「群青の谷」、「恵みの雨」
Alcatrazz「SinceYouBeenGone」
Clementine「Kokomo」
Cocco「焼け野が原」
浜田省吾「ANewStyleWar」、「八月の歌」
GarnetCrow「Voyage」
Hilcrime「Yell」
HughJackman&ZacEfron「TheOtherSide」
井上昌己「Birth〜21世紀〜」
木嶋浩史「真夜中の向こう側」
KuwataBand「BanBanBan」
PrettyMaids「LethalHeroes」
聖飢魔II「Ratsbane」
Shakira「WakaWaka」
鈴木雅之「小さな恋のうた」
Tesla「Makin'Magic」
ToshiWithNightHawks「Always」
2Hearts「EverFree」
敬称略、ABC順
| - | 10:16 | comments(8) | - | このページのトップへ
874

僕がコマーシャルするのも如何な物かと思うんだけれど

日本俳優協会のYOUTUBEチャンネルにちょっとずつ動画が上がって来ているみたいだね

最近上がった物では、名題下の皆が作った色々なとんぼ(宙返りの事を我々はそう呼んでいる)の解説の動画

あれは素晴らしい出来だと思う

坂東やゑ亮さんの説明も分かり易いし、一門の垣根を超えて集まった皆の実演もダイナミックだ

入り口の一つとして実に簡潔でいいのではないかな

家の名題下の弟子達も松悟、松三、貴緑と、三人共参加させて貰っている

まだの方は是非、観に行って頂きたい

他にも各々の勉強会等の宣伝にも使われていて

自分個人としては、所属している協会員があんな感じで少しずつアップされて行くと、意味の有るチャンネルになるのではないかと思う

僕もまだ、もう一本未公開の動画が有るし

時間を見付けてまた、新たなのを撮ろうとも考えている

さて、今日は犬達も連れて祖父、祖母、父の墓参りに行こうと思っていたのだけれど

生憎の梅雨時だからね

今、見たら一日中雨が降っていそうな天気予報だし、早々に諦めた

改めて墓参りの時間は作るとして、犬達を風呂で洗う日としよう

それから、来月一発目の「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第八夜”」の日程が決定した

八月五日で、ゲストもまだ明かせないが決まりつつはある

今週末の市川高麗蔵の兄さん、坂東亀蔵さんがゲストの回と同様に楽しみに御覧頂けると嬉しい

まだ、御二人への質問とかもお待ちしているので続々と送って欲しい

最後に

こんな時だから映画や音楽と同様に読書も進む、進む

季節が季節だけに怪談物が多い

ふと思い返しただけで

岩井志麻子さん「忌まわ昔」シリーズ

加藤一さん「『忌』怖い話」シリーズ

久田樹生さん「南の怪談・九州四県怪奇巡霊」

郷内心瞳さん「拝み屋備忘録・ゆきこの化け物」、「拝み屋怪談・幽魂の蔵」

内藤了さん「よろず建物因縁帳・怨毒草紙」

福澤徹三さん「忌談」シリーズ

と、云った所かな

どれも面白くて外れは無かった

そして、怪談物ではなくミステリーに入るんだけれど降田天さんの「すみれ屋敷の罪人」

これは秀逸

僕好みで、物悲しくもラストに向けてストーリーがどんどん格好良くなって行く

興味が有ったら是非、読んでみて貰いたい

昨晩から今朝に掛けては篠田節子さんの「ゴサインタン」と曽根圭介さんの「鼻」を読み終えた

他には中山七里さん、濱嘉之さん辺りが最近のマイブーム

ただ、そこまで話を広げると今回の日記がより一層長くなってしまうので

今日はこの位にしておこう

ただでさえ今日の日記は徹頭徹尾、宣伝みたいになってしまった感が否めないしね

その話はまた次の機会に

そろそろ、一眠りしようかな

おやすみ

| - | 08:33 | comments(13) | - | このページのトップへ
872

報告が遅れた

昨日、日本俳優協会のYOUTUBEチャンネルに、僕個人の二本目の動画が配信された

前回の動画と同様に自宅で稽古している様子の一部分を切り取った物だ

これも山崎咲十郎さんに撮って貰った

動画のゴーサインの権限を持っている日本俳優協会も、タイミングがタイミングなだけに「実に絶妙な時期にアップを決めたな」と、してやられた感は有るが

観て下さった方は如何だっただろうか

まだの方は是非、御覧になってみて頂きたい

続いての報告

これも、もう告知された筈だ

来週七月二十五日二十一時からの「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第七夜”」のゲストが決まった

市川高麗蔵の兄さんと坂東亀蔵さん再びである

高麗蔵の兄さんは自分も立役として、とても大好きで思い入れの強い女形の先輩だ

そして、御二人共にプロ野球、東京ヤクルトスワローズのファンでもある

歌舞伎以外にその辺りの話題でも盛り上がれると思う

是非、観て頂きたくお願い申し上げる

いつも通り、御二人に何を聞いて欲しいか等のリクエスト、御意見も変わらず募集している

最後に余談

一昨々日、前々回の日記の話

実は反響がどうとか具体的な事は、他人から耳に入る以外はあまり知らない

敢えて調べてもいない

その必要も興味も無いからね

物言いが多少ヒステリックだったかも知れなかったと省みる事は有っても

あの後、個人的に

今は自分が出すと迷惑が掛かる可能性が有るので個人名は各々控えるが

歌舞伎役者の友人達を始め日本舞踊家、床山さんや衣裳さん、大道具さん、他のジャンルでも演出家、俳優、オペラ歌手、ミュージシャン、制作会社サイド、スタッフサイドの友人達等、沢山の広い意味での同業者方から

言葉の強弱はさて置き、意見の是非に関しては大きな同意を得られた連絡やメール、ラインを皆から続々と貰えた事は非常に心強く嬉しかった

彼等、彼女等には此処で心から御礼を申し上げる

今の所、一昨々日の日記を非公開にするつもりは

無い

来月八月から再開される歌舞伎座での歌舞伎興行も

興行主である松竹株式会社には、僕如きが言うのはおこがましい上に勿論、しっかりやってくれるのは百も承知の上だけれど

お客さんは元より外側にも

関係者全ての内側にも

今出来得る最強ランクの検査とケアを徹底してくれる様、切に信じている

また、来月は出演しない物の、行く行く自分も出演する時が来たら、現時点で最も信頼出来る検査をちゃんと受けてから舞台に臨むのは当然の義務だと心得ている

| - | 12:02 | comments(19) | - | このページのトップへ
871

何だ

何が有った

朝、起きたら友達からラインが来て

日記のアクセス数も通常の十倍以上になっていてびっくりした

彼の話に依るとどうやら、昨日書いた日記が原因みたいだね

何か、そんなに悪い事書いたかな

慣れていないからどう対処すればいいのか分からないんだよ

今の所、何処からも「非公開にしろ」とは言われてはいない物の

何処かに迷惑が掛かっているのなら、非公開にしておいた方がいいのか

確かに腹が立ったから強い言葉を敢えて使った

感じた通りの事を書いただけで、大袈裟に取り上げられる様な事では無いと思うんだけれどな

ただ、歌舞伎役者として、品の無い言葉遣いだったとしたら、そこは改めなければいけないか

意見は昨日と全く変わらない

でも、感情が立ち過ぎて、至極乱暴な言葉は有ったのかも知れない

元来、気が短い性癖なので、そこを不快に感じる人が居るんだったら慎もう

読んだ皆さんに分かって欲しいのは、柄の悪い歌舞伎役者は自分だけで

他の歌舞伎役者は先輩、同輩、後輩と、皆さん品位の有るちゃんとした方達ばかりなので

僕を嫌いになっても、全ての歌舞伎役者を僕と同類だと思わないで好きでいて頂けると有難いし救われる

もし、昨日の日記が何かのタイミングで非公開になったとしたら「嗚呼、誰かから非公開にした方がいいと助言されたんだな」と、思って欲しい

しかし、書きたい事をちょっと書いただけで、自分の預かり知らぬ所でそんなに面白おかしく話題にされてしまうなんてな

こんなのは初めてだ

何だかな

言いたい事も言えないこんな世の中じゃ、ちょっと億劫ではある

おっかないね

正直、少々面食らっている

| - | 13:46 | - | - | このページのトップへ
870

ふざけるなよ

新宿のと或る劇場で舐めた真似してくれたらしいな

こんな時期に

いや、イヴェントの人数制限緩和前に

新型コロナウィルスの集団感染起こしたって

出演者、スタッフでは十人以上

観にいらしたお客さんにもかなりの感染が確認されたらしいじゃないか

関係者のトータルは二十人以上で、まだまだ増え続けてるんだって

感染者が出てしまった事、感染してしまった事に腹を立てているのではない

それは現状、いつでも何処でも誰にでも起こり得る事だから

僕が苛付くのは

日本国内で初めて舞台での新型コロナウィルス集団感染が発生した公演

主催者が“体調不良の出演者が居るのを知っていながら上演を強行した”

しかも、何の手も打たずに最終日まで全行程

そして“罹患している可能性が有り、それを分かっていたのに出演し続けている者が居た”と云う事実だ

その上、舞台関係のプロフェッショナルなら今、デリケートになるべき握手やサイン等を全然、気を付けないで平気でしていたと云うじゃないか

無責任には書きたくないので、伝手を辿って或る程度の確信を持てる話は聞かせて貰った事を先に断っておく

こうした予防意識の低さが感染拡大にどんどん繋がって行くのだ

観に来て下さる大切なお客さんを危険に晒す様な真似をしてどうする

はっきり言おう

こんな奴等は劇場サイド、主催者、出演者、スタッフに至るまで、どいつもこいつも素人の集まりだ

何度も書いている様に来月には歌舞伎座も久々に開場される

新国立劇場、帝国劇場や劇団四季、宝塚歌劇団、他にも様々な舞台が漸く再開されようとしつつある

演劇だけではなく、プロ野球、サッカーJリーグでもやっと一昨日から試合にお客さんを入れる様になった

そこに元来、舞台業界でのルールも知らない、弁えない素人と言っても過言ではない者達が考え無しでした軽率な振る舞いで集団感染が出た

全舞台業界のプロフェッショナル達が血を吐き、涙を流しながら、臍を噛む思いで此処まで我慢して、踏ん張って、踏み留まって来た事が今、水泡に帰したらどう責任を取ってくれるんだ

取れるのか、素人共

責任取れるのかよ

物凄く、物凄く、病的な位に、批判が出ない様、批判を少なくする様、リスクを減らそうとこちらは気を付けているのに

また「だからまだ観客を入れてのイヴェント、ライヴや舞台はやめておいた方がいいのではないか」と云う、至極御尤もな意見が再燃して来る羽目となる

我々の業界にとって他人事ではない甚大なるダメージを残してくれたな

話は多少擦れるけれども、こう云う輩が無尽蔵に湧いて出て来るから「諸悪の根元は東京」なんて、呆け老人に寝言をほざかれる事になる

しかも、その老い耄れのしたり顔にすら碌に反論出来なくなるじゃないか

自分は

こんな“罹患している可能性を分かっているのに出続ける様な奴等”とは絶対に同じ舞台には上がらない

そんな素人達を“役者”とは絶対に呼ばない、絶対に認めない

もう、どんなにいい公演、芝居を打っても、あの劇場に観劇に行く事は絶対に無い

大事な事だからもう一度言う

ふざけやがって

考え無しに目先の金に釣られて尻尾振りやがった罪は深い

万死に値する

覚悟もへったくれも無い世間知らずの小僧共が生半可な気持ちで遊び半分に首突っ込んで掻き回していい世界じゃない

そんな奴等に箱の大小、ジャンルは様々に分かれていても舞台、ステージに命を懸ける志に関しては一致する我々の気持ちが分かる訳等断じて無い

慎め、餓鬼

舞台を舐めるなよ

| - | 11:35 | - | - | このページのトップへ
869

後ろから足音が聞こえて来た時
“味方だ”と思って振り返れる人と
“敵だ”と思って身構える人とでは、世界の見え方は全く違う物だろう
残念ながら、僕は物心付いた時からずっと後者だ
自分がそう云う者として構築されてしまった事実、繰り返すが本人としても非常に残念だ
そんな僕だけれども先日、単独で日本俳優協会のYOUTUBEチャンネルに稽古風景の動画を上げた所
思ったよりも好意的な反応を頂いているみたいで有難い
前回、日記に書いた僕の思いも汲んでくれている人は多いみたく
この場を借りて改めて御礼を申し上げる
今、これを読んでくれている人は観て下さっただろうか
中には歌舞伎の後輩から「自分もあの動画で『外郎売』の早口言葉の言い立てを暗記するので、覚えた
ら稽古して欲しい」なんて言ってくれた頼もしい奴も居たね
何にもせよ、歌舞伎ファンの人達に少しだけでも今、自分が何をしているかを表現出来る場が与えられた事は不幸中ではあっても少ない僥倖の一つだと考えよう
実は既に次の動画も撮り終えてアップの準備に掛かっている
他の役者、先輩、同輩、後輩達が動画についてどう動こうとしているのかは知らない
だから、自分だけが「調子に乗っている」と悪目立しない様に足並みを揃えて、バランスを見て良きタイミングを図って発表するつもり
「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話”」とかでは髭も生やしっ放しでふざけ倒している分だけ
余計に本業に近いこう云った作業では、日本舞踊家、歌舞伎役者として、せめて恥ずかしくないきっちりとした形の物を残すならば残しておきたい
そこの住み分けをちゃんとしておかなければ全てがごっちゃになってしまい、意味が無くなってしまうからね
その今晩の「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第五話”」
ゲストは片岡亀蔵さんと中村松江さんだった
如何だっただろうか
配信のトラブルとかは無かったかな
楽しんで貰えたかな
今週末、六回目のゲストは山崎咲十郎さんと坂東八大さん
同志と呼んで間違い無い二人だし、一緒に数え切れない様々な立廻り
ばかりでなく修羅場を潜り抜けて来た戦友でもある
立廻りや殺陣師の立場からの意見、既に歌舞伎界から去って行った仲間達の事等、盛り上がる話題は山程有るので、これまた期待して貰いたい
いつもの様に質問やリクエストもどんどん募集しているので、遠慮無く送って欲しい
七回目、八回目のゲストも既に決定している
近々発表するので、それも楽しみにしていて欲しい
さて、話を変えよう
此処まで話しておきながら一つ、皆さんに悲しい報告が
とは言っても、然程の悲劇と云うまでではないかな
この「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話”」
先々月から配信を開始させて貰って、今月の配信は五回
凡そ、毎週一回のペースで来ているのだが
皆さんも御存知の通り、来月からは歌舞伎座が規模は縮小とは言いながらも、やっと再開場出来る目処が立ちつつある
「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話”」はイープラスからお届けしているけれど
内部の実務を色々と取り仕切ってくれているのは、実は何と松竹株式会社の若手の有志の皆なのだ
有志なんだよ、有志
本当に良くやってくれていて心強いし、頼れるメンバー達だ
ただ、僕が本業が日本舞踊と歌舞伎である様に
彼等、彼女等にも“公演に携わる”と云う本業が有る
当然、公演が復活と云う事になれば、彼等、彼女等の仕事はまた増えて行く訳で
この自粛中の様に配信の準備にばかり多大なる時間を割くのも難しくなって来る
と、云う事で
申し訳無いけれども、今後は週一回ペースよりも配信の回数は少し減る
取り敢えず来月八月は十日に一回位のペース、一ヶ月に三回と云う予定である
でも、待っていて下さる皆さんに約束した通り、出来るだけ長いスパンで続けて行くつもりなので、急に終わらせる事は絶対に無い
来月からは月に三回
僕も再び舞台にコンスタントに立てる時代に戻ったとしたら、月に二回とか
最低でもそのペースでは配信して行く
その為には皆さんの御引き立てが不可欠な訳で
僕は勿論、イープラス、松竹株式会社の若手有志の皆にも是非、温かい声援を心からお願い申し上げる
また、十日に一回や二週間毎みたいなペースになると、今月通り毎週土曜日二十一時みたいには固定が難しくなり、日と時間の前後が生じるかも知れない
その辺り、我儘ばかりになってしまうがどうか御容赦願いたい
何にしても自分が今、出来る範囲の事はこれからも全て力を尽くして行く所存なので、巧く回して行く為の試行錯誤を見守っていて貰いたいと思うよ
最後に、自分はいい仲間、いい友達、いい家族、そして可愛い犬達に恵まれて、その部分に関しては本当に幸福な部類の人間だ、と云う事を書き留めて今日の日記を締めたい
言うまでもなく先々週のミュージシャン、同級生の村井研次郎さんみたいに冷や冷やと度肝を抜かれる奴も含めて皆、最高だ

| - | 00:48 | comments(13) | - | このページのトップへ
868

先ずは、日本俳優協会のYOUTUBEのチャンネルに我々で撮った御挨拶の動画が上がったみたいだね

はてさて、取り敢えずは色々乗り越えて無事に行ったのは何より

いや、僕個人で山崎咲十郎さんに撮影して貰った動画も存在して

恐らくそれも今週火曜日にアップされる予定なので、観て頂けたらとても嬉しい

ちなみに、先に断っておくけれども

これは日本俳優協会に自分達で製作した動画を渡したのであって

例えば、自分の運営するチャンネルに動画をアップする(あくまでも例えであって、僕が運営しているYOUTUBEのチャンネルが存在すると云う話では無いから、そこは御間違えの無き様に)とかとは意味も主旨も全く違う訳で

それは取りも直さず僕の事を好きではない人、嫌いな人も御覧になられる事が有るかも知れない

勿論、新型コロナウィルス騒ぎのこんな大変な時期に、これで自分自身が利益を得ようとは鐚一考えていない

僕はユーチューバーではないのだから

実際、チャリティー的な意味も込めて、観て喜んで下さる人だけの為に撮影した

なので、幾ら嫌われ者だとしても、先入観のみで判断して欲しくないし

そこから気持ち悪いのに湧いて出られて、兎や角と謂れの無い事を言われるのもこちらとしては不本意になる

また、一億総評論家気取りの今の時代の在り方を自分は良しとせず全否定しているので、評価判定とコメントのシステムは敢えて無効にさせて貰っている

今後も僕がアップさせて貰う動画は恐らくはそうなるだろうね

肝心のどんな内容なのかは、観て楽しんでくれるといいのだけれど、もう少し待っていて貰いたい

さて、イープラス配信の「紀尾井町家話・特別編“紀尾井町夜話”」の話

昨日の四回目は坂東彦三郎さんとベーシストの村井研次郎さんがゲストで、賛否両論有るだろうけれど、個人的には楽しく配信が終わった

ただ、これまでに無い今までの回と違った展開に度肝を抜かれたのも事実

僕自身があんなに冷や冷やさせられるとは

村井さんのテンションは最高だった

今、やっと連絡が取れたんだけれど、配信が終わった直後、村井さんは酔い潰れてリヴィングで倒れたらしく、まだずっと吐きっ放しの様子

後半の記憶は殆ど無く、アーカイヴ配信で行動を確認する勇気も出ないとの事

「平岳大さんに謝る場が欲しい」とも言っていた

奴、酒弱いな

ロッカーの癖に

彦三郎さんにも村井さんにもまた、機会が有れば出て頂きたいね

あんな感じで飲むとやっぱり、生でしっかり逢って盃を重ねたくなる

でも、それは先の話

今はまた、彼等と対面して笑って酒が飲める日が一刻も早く来るのを待ち焦がれている

次回五回目に招くのは、もう皆さん御存知の通り、片岡亀蔵さんと、再びの中村松江さん

実は、片亀さんにゲストの白羽の矢が立った時に、彼の方から「俺の時にはもう一人は松江を呼んでくれ」と、逆リクエストだったのだよ

確かに二人共、自分なんかが及びも付かない程位に映画にも音楽にも詳しいし

若かりし頃、三人とかで一緒に飲んだりしてた時期も長かったからね

これまた、映画や音楽の話以外にもどんな話題が出るのやら

予想が付かない

次回もこれまでと変わらず、飽きず呆れずに応援や質問

また、今後に誰をゲストに呼んで欲しいか等、そちらの方のコメントは心待ちにしている

是非、今週土曜日の「紀尾井町夜話・特別編“紀尾井町家話・第五夜”」も見て頂ける様に宜しくお願いする

| - | 13:10 | comments(26) | - | このページのトップへ