Profile
Search this site.
アクセス数
アクセスカウンター
MOBILE
qrcode
Others
806

キリスト教カトリックの頭領たるローマ法王の日本での正式な呼び方が、ローマ教皇に変わるらしいね

どちらにしても、あまり印象は変わらない気はするが

近々、日本に来るらしいけど、その前に身内の性犯罪者達の処分とかをきっちりとする方が先なんじゃないのかな

果たして「神」、「宗教」とは、いつ、何故、どの様にして生まれたのか

そこに本当に救いは有るのか、と

少なくとも僕はカトリックに

いや、カトリックに携わる人間から、屈辱や苦痛を受けた事こそ多々有れど、救いを与えて貰った事等はただの一度も無い

だから、どの宗派であれ、新興宗教であれ、カルト宗教であれ、無条件に神を信じられる人間の胸中は到底、理解出来ない

また、無理にしようとも思わない

誤解を恐れずに言えば、何処か「御目出度い」とすら思ってしまう

「無神論者」とは、ざっくりと

元来「神と関わりが無い人間」と云うより「かつては神を信じていた、若しくは信じようとしていたが、どうも、その神とやらとは馬が合わないから、自らの心の来し方の方を大事に、拠り所にする事にした」と、云う人間達の事を呼ぶのではないだろうか

どちらかと云うと、僕もそうだからな

「人間は全く気が狂っている、虫螻一匹でさえ作り出せない癖に、神々を何ダースもでっち上げる」

ミシェル・エイケム・ドゥ・モンテーニュ

| - | 08:27 | - | - | このページのトップへ
805

さて、今月末の十一月三十日、普段から懇意にさせて頂いている花柳寿楽先生の会、第四回花柳寿楽舞踊會に藤間勘右衞門として出演させて貰う

寿楽先生と一緒に踊らせて貰うのは長唄「綱館」

素踊りで演じる訳だが

寿楽先生が伯母真柴実は茨木童子を踊られ、僕が演るのは渡辺源次綱

この茨木童子と綱のエピソードと云うのは歌舞伎の師匠筋たる尾上菊五郎家に於いても、我が家元藤間流としても縁の深い題材

僕も今までに自分個人の日本舞踊の会、勘右衞門の会の第何回目かで藤間紋寿郎先生に稽古して頂き、紋寿郎家の一人立ちの「綱館」を受け継がせて貰ったし、その物語の前日談と言ってもいいであろう長唄「戻橋」を藤間秀嘉先生と踊らせて頂いた事も有る

また、新古演劇十種の内「茨木」では綱を古典芸能鑑賞会で花柳寿應先生、坂東玉三郎の兄さんとは歌舞伎の興行でと、ビッグネームの大先輩御二方を相手に勤めさせて頂いた有難い経験も有り

真柴は市川海老蔵さんの綱で演じた

殊に綱の方は曽祖父、祖父が得意とし、父も演じた役柄

行く行く息子がこの世界に携わって行くのであれば、継承して欲しい役柄の一つでもある

勿論、僕も好きなキャラクターの一つだ

それを今回、気心の知れている寿楽先生と演らして貰えると云うのは、自分自身、とても気合いが入るね

寿楽先生に負けない様に勤めたい

今日から芝居の終演後に稽古が始まる

実に楽しみだ

大事な事なのでもう一度書く

第四回花柳寿楽舞踊會は今月、十一月三十日

場所は国立能楽堂

時間と懐に余裕が有れば

いや、無くとも、出切る事なら是非、御覧になりに来て欲しい

| - | 16:19 | - | - | このページのトップへ
804

昨日は久し振りに、子供時代以来、前日の晩に食べた鯖に当たったらしく、一日中、苦しんでしまった

一昨日の夜中から、上からも下からも

嘔吐と下痢が止まらなかった

脱水症状なのか、水分も受け付けなくなってしまい、正直言うと今日は舞台で立ってるだけでも正直、辛かったな

まだ、腹は痛いけれど、嘔吐が治まった分、昨日よりかなり楽になった

今朝になってやっと、飲み物を身体が拒否しなくなったから有難い

前回の日記にも同じ様な事を書いたが、体調管理は大事だと痛感

気を付けないと

| - | 08:42 | - | - | このページのトップへ
803

いや、今月は本当に身体が辛い

興行自体は千穐楽まで、際々で何とか踏み止まれたとは言え、もう何週間か咳が治まらず、鼻腔が腫れてしまっているのか、血痰が止まっていない

舞台上でえずいたり、噎せたりはしなかったのが不幸中の幸いだった

月の中旬、大型台風の影響で、思わぬ公演取り止めの日が二日有ったんだが

逆にその休演の日で変にペースを崩して体調を落としてしまった感が有る

案外、休めるとしても、予想外の展開ってのは良し悪しなのかも知れない

今年は此処まで通して、どう考えてみても、体調不良が長く続いている

何か打開する術は無い物か

やっぱり、手術したとは言っても、身体はそう一朝一夕で全快とはならないと云う事か

しかも、今年は人間ドックの結果、あまり芳しくはなかったしな

明日は歌舞伎座、吉例顔見世大歌舞伎の初日だ

まだまだ気は早いけれど、来年は最低限度、もうちょっとは元気に過ごしたいね

では、今月良く聴いた十曲

Asia「HeartOfGold」

BadEnglish「TheRestlessOnes」

宮内タカユキ「Heaven」

佐久間学「KeepMe'sDistance」

笹川美和「笑」

TheBeatles「GoldenSlumbers」

TheTossers「USA」

ThisTime「震える背中越しにさよなら」

横田はるな「Mr.LonelyHeart」

03「Boy」

敬称略、ABC順

そして、最後に

いつだか、随分と前にも日記に書いた記憶が有るけれど

「荒事は痩せ我慢と空元気」

改めて再確認

| - | 21:47 | - | - | このページのトップへ
802

既に今日

もう台風の影響が出始めているのに、そんな中でも、劇場にいらして楽しんで下さっているお客さんが存在すると云うのは本当に嬉しいし有難い

気合いも入るし、個人として心から御礼を申し上げる

やっぱり、交通の都合やら何やらで、明日、明後日は公演が中止になる可能性が出て来たが

そうなってしまったら、例え人間にはどうしようも出来ない気象の為とは云え

楽しみに観劇に来て下さろうとしている方々には大変申し訳無い事だ

これも、おこがましいながらも、僕からも伏してお詫びを申し上げる

明々後日からまた、期待に応えられる様に気合いを入れて芝居をするので、是非、それを楽しみにして頂きたいと思う

では、皆さん、台風で怪我等なさらぬ様に

| - | 13:16 | - | - | このページのトップへ
801

先月末の約束通り、気が向いたので、今月も良く聴いた十曲を紹介したいと思う

HouseOfLords「Can'tFindMyWayHome」

Miwa「ヒカリヘ」

宮内タカユキ「WingOfHeart」

QueensRyche「BestICan」

Sayuri「ミカヅキ」

Slaughter「SpendMyLife」

SuicidalTendencies「YouCan'tBringMeDown」

Taja「夢轍」

TheRiverDogs「Whisper」

VanHalen「Dreams」

敬称略、ABC順

| - | 00:13 | - | - | このページのトップへ
800

何度かこの日記にも書いている様に

今、我が家には豆蔵、紅煉、まる子と云う三匹の犬が居る訳だが

可愛がっている女友達が、今日から夫婦仲関係修復旅行に台湾に旅立つと云う事で

その夫婦で飼っているチワワをしばらくの間、預かる事になったのだ

ムムと云う女の子

年齢は丁度、まる子と同じ位

もう直ぐ家に来る

何度も遊びには来ている娘だから、家の三匹との相性は大丈夫な物の

さて、三匹でも世話は嬉しい悲鳴なのに、もう一匹増えると云うのは、当分は一段と慌ただしくなりそうだ

四匹連れての散歩とか、想像が付かんし、寝る時のベッドも占拠されて大変な事になりそうだ

| - | 14:18 | - | - | このページのトップへ
799

本当に良かった、良かった

僕も何とか、無事に御役目終了だ

| - | 18:00 | - | - | このページのトップへ
798

今日の話

今月、歌舞伎座にて演じている「極付幡随長兵衛」の水野十郎左衛門

終演後、風呂に入り、洋服に着替え、いざ帰ろうとした所

急遽、楽屋に押し戻されて、代役の打診

約三時間後には開演し、舞台の上に乗っていた

演じた代役は「菅原伝授手習鑑・寺子屋」の舎人松王丸

八年か九年振りだ

とは云え

幾ら、演った事の有る役でも難役な上に、型も違う

しかし、今回は力足らずながら、及ばずながらも、極力、本役通りの演り方に近く寄せられる所は寄せて、準じて勤めさせて頂く所存

家の衣裳は銀鼠なので、まさか、一生着る事の無い筈の、黒の雪持を着る機会が来ようとは

稽古も無く、頼まれてから三時間で本番

また寿命が縮んだ

まだ、今日一日演っただけの感触だけれども、衣裳に関しては銀鼠は色気は出るが、黒の方が敵役味が強く出るイメージなので、ひょっとしたら、僕の柄だったら、黒の方がすんなり楽に役に入って行けるのかも知れない、とは思った

ただ、家の型はあくまでも銀鼠だから、松王丸の黒の衣裳はこの代役が済んだら、また万が一に誰かの代役を頼まれない限り、もう二度と着る事は無い

今日は兎に角、無事に幕だけは閉める事が出来た

これも、共演者、先輩、同輩、後輩、音楽隊、楽屋のスタッフの皆さんの御陰だ

でも、役を終えた後、抑えていた緊張が一気に振り返したのか、えずきが数時間、止まらなかった

自分が脳で考えている以上に、心と身体の方には甚大なプレッシャーが掛かっていたのだろう

取り敢えず、今の所は期間は明後日までと云う話になっているが

兎に角、養生されて、しっかりと元気になられる事を心から願っている

それがいつになろうとも

また、代役をした時のいつもの如く、心無い者に何をされようとも、それまで舞台の上を守るのが僕の務めだ

「この男になら任せられる」と踏んで、地力を信頼して荷を降ろして下さった全ての方々への応えだ

そんな人達と応援して下さるお客さん達、家族、自分の為のみに僕は演る

そんな、今年二度目の代役

| - | 23:04 | - | - | このページのトップへ
797

昔から、あまり泣かない人間だった

それで、不本意ながらも血の繋がった実の叔母に「あの子には情が有るのかしら」と、皮肉を言われ罵られた事も有る

その時々はそれぞれに理由が有って、感情のみならず、五感、五官全てをわざとシャットダウンさせていたのだけれどね

その理由は、語るには、口にするにもあまりにも汚らわしいし

もし、万が一に語る気が起きる機会が有るしても、それはまた、別のタイミングにしよう

そんな僕だが、最近は自分でもびっくりする位に涙腺が緩くなった

これも年の所為かしら

殊に音楽や演劇、映画等はいけない

この頃は恥ずかしい位に直ぐ、泣いてしまう

先日も、以前に観た事が有るのに、松本清張さん原作、田村正和さん主演のスペシャルドラマ「十万分の一の偶然」と云う作品で号泣してしまった

また、CSのスポーツチャンネルで放送されていた、プロレス団体、ドラゴンゲートに袂を別った以前の創始者、ウルティモドラゴン校長が現体制の元生徒達の呼び掛けに応じて、再びドラゴンゲートのリングに上がる、と云うシーンでも泣いてしまった

ドキュメント番組「ザ・ノンフィクション」なんかも、思う壺に嵌められた企画だったりすると危ないね

テーマ曲を聴いただけで用意は整う感じだ

全く、制作者の狙い通りのいい鴨な気もするが

そんな僕が泣きたい時に必ず観る映画はジェット・リー主演の「英雄」

これは主役はジェット・リーだけれども、本当に格好いいのはドニー・イェン

彼の演し物

ジェット・リーが殺される場面は号泣物だ

それから、ヒュー・ジャックマン主演の皆さん御馴染み「レ・ミゼラブル」

この二作は名作

気になったり、思い出した方

また、まだ観ていない方は是非、観て頂きたい

損はさせないと思う

何度繰り返しても飽きない作品だ、僕的には

そして、涙腺には全く関係無いけれど今、土曜日に放送されている遠藤憲一さん主演の「それぞれの断崖」と、芦名星さん主演の「W県警の悲劇」が面白い

毎週、楽しみにしている

最後に

最近、少し、生神田松之丞さん不足で禁断症状気味

そろそろまた、DVDやCDではなく、生の高座を拝見しに行く時間を見付けたい物だ

| - | 19:18 | - | - | このページのトップへ