Profile
Search this site.
アクセス数
アクセスカウンター
MOBILE
qrcode
Others
<< 894 | main | 896 >>
895

夜も深くなって来た

たまには趣味の話でもしてみよう

自分は割と小説を読む方だと思う

色々なジャンルの

そして、小説と同じ位に漫画も読む

小説も漫画も含めて、読書は趣味の一つと言ってもいいだろう

ギャグを始めとした緩い(いい意味でね)展開で進む漫画も気持ちを楽にさせてくれるので好きなのだが

一番好みなのは「作者、このキャラクターの事嫌いなんじゃないか」と感じる程に、主人公及び登場人物が嫌がらせとしか考えられない様な試練に遭遇して、彼等、彼女等がそれに心身共に血塗れ、傷だらけになりながら立ち向かって行く物語だ

そう云う意味では藤田和日郎さんの「うしおととら」、「からくりサーカス」、「月光条例」は鉄板だ

しかも、藤田さんの作品は、登場人物達がその理不尽とも言える試練をちゃんと克服して大団円に導いて行く

二次元の人物達でありながら、尊敬さえ覚える事が有る

勿論、短編も全て読んでいるし、現在進行形の単行本「双亡亭壊すべし」も買っている

ただし、まだ一冊も読んでいない

完結したら一気読みするつもりである

自分の少年時代を構築したのは武論尊さん×原哲夫さん「北斗の拳」の登場人物達

荒木飛呂彦さん「ジョジョの奇妙な冒険〜第二部〜」のジョセフ・ジョースター

北条司さん「Cat'sEye」〜「CityHunter」の流れの冴羽獠、伊集院隼人

寺沢武一さん「コブラ」のコブラ

浦沢直樹さん「Monster」のヨハン・リーベルト

モンキー・パンチさん「ルパン三世」のルパン三世、次元大介、十三代目石川五右衛門、銭形幸一

松本零士さん「宇宙海賊キャプテン・ハーロック」のファントム・F・ハーロック、クイーン・エメラルダス

白土三平さん「カムイ伝」夙のカムイと云った人々

“格好いい”とは、こう云う人達を言うのだと思って育った

その流れで三浦健太郎さん「ベルセルク」

八木教広さん「Claymore」

水無月すうさん「Judas」

高橋ヒロシさん「QP」

にわのまことさん「TheMomotaro」

巻来功士さん「ミキストリ〜太陽の死神〜」

沙村広明さん「無限の住人」

菅原敬太さん「走馬灯株式会社」

中津賢也さん「妖怪仕置人」

筒井哲也さん「予告犯」

めいびいさん「かつて神だった獣たちへ」

長田竜和さん×雪山しめじさん「銀狼ブラッドボーン」

平野耕太さん「Hellsing」、「Drifters」

押切蓮介さん「ゆうやみ特攻隊」、「焔の眼」

渡邊ダイスケさん「善悪の屑」〜「外道の歌」

田島昭宇さん「魍魎戦記Madara」シリーズ

米原秀幸さん「フルアヘッド・ココ」シリーズ等は今でも愛読している

だから、坂口いくさんの「闇狩人」や、楠桂さんの「鬼切丸」が今の時代に新シリーズとして復活したのは非常に嬉しい

最近(僕が読んだのが最近と云う意味)では久慈光久さん「狼の口〜ヴォルフスムント〜」や七尾ナナキさん「ヘルク」もいいね

柿崎正澄さん「闘獣士〜ベスティアリウス〜」もこれまた、白眉中の白眉

全七巻と比較的短いが、章毎に主人公が変わる

その主人公達が全て「ベルセルク」のガッツや「Claymore」のクレアの様に悲惨な運命に巻き込まれ立ち向かって行く

決して後味は良くない

どころか、悪いと言っても過言ではない

しかし“格好良さ”を体現してくれている

少々、子供向きだがアジチカさん×梅村真也さん×フクイタクミさん「終末のワルキューレ」も悪くない

神の集団にたかが人間の分際で一対一の喧嘩を売って行く姿は少年心を擽るね

呂布奉先、佐々木小次郎、切り裂きジャックに特に震える

上に挙げた漫画、暇で興味を持ったら是非、読んで貰いたい

僕と云う人間がどうしてこの様な性格になったのかも、少しは分かって貰えるかも知れない

ただし、どの漫画も色々な面で時間、体力、精神力を削られる作品達ばかりなので

或る程度、その覚悟を決めて余裕の有る時に読む事をお勧めしたい

最後に

小説を漫画化した支援Bisさん×菊石森生さん「辺境の老騎士〜バルド・ローエン〜」

これはあまり体力、精神力に負担無く、楽しく格好良く読めると思う

他にも忘れられない漫画は多々在るけれども

収拾が付かなくなるので今晩はこの辺りにしておこう

皆さんも何か素敵な漫画を知っていたら教えて欲しい

| - | 01:07 | comments(11) | - | このページのトップへ
こんばんは

紀尾井町夜話第十五夜拝見しました。

興味深いお話の連続。楽しそうな松緑さんのお姿(瞳)拝見し、嬉しく充実した時間をすごすことができました。ありがとうございます。

(私もジーザス・クライスト=スーパースター大好き!。ヒノデロも好き!です)

第十六夜もたのしみにしております。




また、読書の件です。
松緑さんご紹介作品のなかで北斗の拳第一巻しか通っておりませんで、覚悟を決めた時読んでみたいです。


作品からうける影響、たしかに何かしらかあるのだろうと思います。
コメント欄でお名前拝見しました田村由美さん。私も田村由美さんを推したいBASARA&7SEEDS育ちです。(ご存知の場合失礼しました)


松緑さんのオススメ情報もまた楽しみにしております。


それでは、よい日々をおすごしになられますよう…お祈りしております。
| よん | 2020/10/22 8:40 PM |
松緑さま
第15夜拝見致しました。下村さんは美しくて優雅な方ですね。お話しされているご様子がとても楽しそうで嬉しそうで、お二方それぞれのミュージカル愛、歌舞伎愛が感じられて素敵な夜話でした。私は今週仕事を頑張ってようやく観劇日です。体調万全にして伺います。寒くなりましたのでお身体お気をつけ下さい。
| 里 | 2020/10/19 8:31 AM |
『紀尾井町家話 第十五夜』落ち着いた雰囲気でゆったりと楽しめました。
松緑さんのミュージカルに対する愛情、下村さんの歌舞伎に対する憧れ、どちらも熱意が強く、お話の盛り上がりに圧倒されました。
下村さんが四季にいらっしゃった頃は私はまだ学生だったので、公演を追いきることもできていませんでしたが、『ラ・アルプ』で毎月下村さんのお顔は拝見していました。
下村さんと石丸さんの『ハムレット』のポスター画像は今でも覚えています。
『アルプ』の表紙にもなっていた記憶があります。
下村さんが出演していらっしゃると、その舞台全体が一瞬でシックで上等な空間になる印象があります。
下村さんは『思い出を売る男』の広告屋をしていらっしゃったことがありますよね。
下村さんの広告屋は生で観ていないのですが、この作品は四季の作品の中でも、一、二を争うくらいに好きな作品です。
もし、松緑さんが観られており、また機会があれば、どのような広告屋だったのか聴かせていただければと思っています。
また、『名月八幡祭』のお話もありましたが、松緑さんの新助で、下村さんが美代吉をやられても素敵なのではないかと思いました。
松緑さんと下村さんもいつの日か共演して下さることを期待しています。
『レ・ミゼラブル』も是非やりましょう!(笑)
松緑さんはジャベールも観てみたいと思うので、役代わりで。
隼人さんはマリウスが似合うのではないでしょうか。
なかなか実現は難しいかと思いますが、夢が広がります。
| たこぼう | 2020/10/19 8:13 AM |
紀尾井町家話15話、今回は特に、下村さん、松緑さん、隼人さんの映像というか写真に魅せられました。下村青さんはバトン、ジャズダンス、ミュージカル、日舞、何にでも挑める能力の高い美しい方ですね。松緑さんの博識さと同時に、舞台の楽しさ、ウキウキが伝わってきました。私が紀尾井町家話で、やはり聞いていても楽しみのひとつは、この役はオレでこの人はこの役といった具合に勝手に(?)楽しそうにノリで配分する所です(笑)。

また、隼人さんはスマートな印象で、荒事をやっていかれるとは思いませんでした。色々松緑さんに質問されてましたが、やはり所作ひとつ、衣装ひとつ、小道具ひとつひとつに意味ややり方があるのですね。松緑さんのように迫力ある、力強い素敵な立ち役になられることと思います。

松緑さんは以前どろどろしたお芝居はお好きと言う事もおっしゃっていましたが、松緑さんが新助をなさった名月八幡祭の名舞台拝見したかったです!!
| た | 2020/10/17 9:03 PM |
こんにちは。
読み応えのありそうな作品を沢山ご紹介くださりありがとうございます。
女性向けジャンルに分類されることも多いので手が出にくいかも知れませんが、楠桂さんの『鬼切丸』もお好きなら、田村由美さん『7SEEDS』、清水玲子さん『秘密』シリーズ、山下和美さん『ランド』もいかがでしょうか。えげつなさすぎる設定に全力で抵抗して道を切り拓く登場人物たち、伏線回収の鮮やかさに注目です。何より絵柄が美しいです。秋の夜長のお供にどうぞ。
| ゆらゆら | 2020/10/17 5:39 PM |
「The Momotaro」結構好きでした..弁慶と牛若と聞くと未だにまずあの絵が浮かんで困ります。
松緑さんの世代的に「HUNTER×HUNTER」が、また歴史物なら「シュトヘル」がリスト入りしていないのが意外と言えば意外でした。
最近のものでひとつ特にキツかったものを挙げるとすれば「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」あたりでしょうか。決してお勧めするのではないのですが..
| has | 2020/10/17 1:28 AM |
本日の『紀尾井町家話 第十五夜』に質問です。
下村さんは劇団四季の頃から拝見しておりますが、退団後も衰えるどころかますます進化していらっしゃるように思います。
お声も聴きとりやすく、動きもしなやかで美しい下村さん。
滑らかで抑揚があり聴き取りやすい滑舌のためにしていらっしゃること、心がけていることはありますか。
また、お声の出し方のコツもあれば教えていただけると嬉しいです。
| たこぼう | 2020/10/16 7:48 AM |
松緑様 はじめまして。
私も読んだ漫画があってなんだか嬉しいです。
「からくりサーカス」のフランシーヌ人形のべろべろばあで泣いたのを思い出します。
「ベルセルク」も「ドリフターズ」も好きな漫画です。
知っているかもしれませんが、素敵だなと思う漫画は豊田徹也さんの「ゴーグル」と「アンダーカレント」です。
今日の紀尾井町家話とても楽しみです!
| わー | 2020/10/16 6:48 AM |
松緑さま こんばんは!
漫画もお好きと伺って嬉しくてついコメントを…
私のお勧めは 『キングダム』原泰久さん
『あさひなぐ』こざき亜衣さん です。
キングダムはきっと松緑さんもお好きな感じなので既に読まれているかも知れませんが。映画化もされてそちらも面白かったです。
あさひなぐは、この間9年半の連載が34巻で完結したばかりです。もう…ラストのあとがきは泣けます。薙刀の少女達(女子高校生)の青春スポ根漫画なのですが、それこそ“これでもか!”というほどの試練に負けずに貫く普通の女の子が主人公です。とても熱いお話ですよ。お暇な時に是非どうぞ!!
| ケイ | 2020/10/14 12:41 AM |
映画もそうですが、読書も違う世界に連れていってもらえていいですね。といっても、本当は、今まで最後迄読みきった小説は数冊です(笑)。学校の国語の時間で、羅生門か何かを順に音読する時間はとても苦手でした。読書家の松緑さんのその好奇心を分けて貰いたいです。
漫画ならいいけどヘビーなのは・・・。きっとおすすめのを読むと松緑さんの、格好いい人間像もわかるようになると思います。コメントすみませんでした。
| た | 2020/10/13 8:14 PM |
米原秀幸さんの『フルアヘッド・ココ』が松緑さんのブログで出てくるとは!私も大好きな作品です。
実は『フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス』はまだチェックできていないので、そろそろ読み始めなければいけませんね。
米原さんの作品は『ココ』以外も面白いものが多くて好きですが、やはり『ココ』しかり『サンセットローズ』しかり、海賊ものが手に汗を握り熱くなれて素晴らしいと思います。
そして、どの作品を読んでも生きていくことの大切さ、楽しさを教えて貰えるような気がします。
松緑さんのお読みになっている漫画とは雰囲気が全く異なる作品ですが、素敵な漫画といわれると花郁悠紀子さんの作品をお勧めします。
私はファンタジー、SFの類がどうにも苦手なのですが、花郁さんの作品はどれもスッと心に入り込んできて違和感なく読め、つい涙が出てきてしまいます。
特につらい話や悲しい話でなくとも泣けてしまうのは、先日の『紀尾井町家話』の錦之助さんのときの涙に通ずるものがあるのかも知れません。
何が心に響いているのか明言することは難しいのですが、気が向いたら一度目を通していただけると幸いです。
| たこぼう | 2020/10/13 7:51 PM |
コメントする