733

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 00:22

今までも嫌な奴は嫌な奴だったが
それでも、何処かに憎めない可愛い気と愛敬は多少なりとも有った筈なのだけど
今の彼はただただ小狡くて、守銭奴
自分本位だけの屑な、本当に嫌なだけの野郎になり下がったな
下品に輪が掛かったか
大義も無く簡単に裏切るし
苛々するんだよ
一層、嫌いになったわ
誰の事かって
それは
今シリーズ(第六期)のアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男の事である
今までのアニメシリーズよりも下衆で、見下げ果てた奴に描かれている様な

糞だな、糞
或る意味「扱いが悪くなったけれども、その分、キャラクターはこれまで以上に立っている」とは、言えるのかも
元来、僕はあの手のタイプの、場の空気を読まずに一人で思い込んで手前勝手な行動を暴走
突っ走った挙げ句、パーティーの足を引っ張ったりする様なキャラクターが好きではないのだ
例え、時々、フロックで絶大なる力を出して仲間の助けになるとしてもね
数えれば切りが無い
敢えて挙げてみるとするならば、今、頭に浮かぶだけでも「るろうに剣心」の相楽左之助と明神弥彦
「ムヒョとロージーの魔法律事務所」の草野次郎とか「ドラゴンクエスト〜ダイの大冒険〜」のポップ
「名探偵コナン」の小嶋元太や「ブラック・ラグーン」の岡島緑郎、「新暗行御史」の房子
「機動戦士Zガンダム」のカツ・コバヤシ
「BLEACH」の井上織姫、「うしおととら」の中村麻子と云った辺りだろうか
蜀の馬謖幼常もそこに入るか
清水次郎長一家の森の石松も、僕の中では広い範囲で言えば同枠
彼等、彼女等の存在がそれぞれの物語を一段とドラマティックに盛り上げるスパイスになっている事は勿論、百も承知で理解はしている
徒党は性に合わず、単独行動、若しくは、少人数行動の方を好む僕でも
それでも、もし、尾上松緑海賊団を結成するとするならば、あの様な先走りカテゴリーや、おっちょこちょい担当、おとぼけ的立ち位置のメンバーは要らないし
第一、最初っからスカウトしない
今シリーズのねずみ男容疑者はその、スカウトしない最たる奴である
「グイン・サーガ」のアリストートスの方が妄執とは云え、行動原理が分かるだけに納得が出来る
それから、これまたキャラクターの枠は違うけれど「ドラえもん」の野比のび太も駄目過ぎてほとほと呆れるが
骨川スネ夫
これが何より大嫌いだ
心底、憎い位
ジャイアン事剛田武の比じゃない
より、性質が悪い
腕っ節の強い奴、頭のいい奴、その時その場の支配者におもねり、操り、周囲に実害と不快を齎そうとする
決して、前面に立とうとせず、自分は痛みを恐れて、ダメージを被らない安全な陰から矢を放ち、盤の絵を描こうとする
一丁前なのは、屁理屈しか出て来ない、その口先だけ
その捻れた口先、二度と開かない様に業務用ホッチキスで綴じてやろうか
何と云う汚い男
あれで小学生なんだから、末恐ろしい
逆に、果たして子供故にあれ程、残酷になれるのか
何にしても
貴様は“軍師”なんかじゃない、ただの“卑怯者”だ
後漢の宦官みたいな奴だ
宦官共を憎み、容赦無く皆殺して殲滅せしめたのは、袁紹本初の行動の中でも大英断、偉業の一つであろう
僕にとって、一番許せないタイプの人間
だから、映画版になった所で、スネ夫は大して表立ったヴァージョンアップはされない
媚びと胡麻摺り、日和見と両天秤にどっぷりと浸かり、性根が腐っているからだ
そう言えば幼き頃、全くリアル・スネ夫みたいなのが何人か居た気がしたな

リアル・スネ夫みたいのが複数人居たと云う時点で空薄っ気味悪い、糞溜めみたいな学校だ
確か、何処ぞの教育機関だか何だかの小倅だったか

それとも、今は何処ぞでおでん屋やってるとか聞いた者だったか
はて、違ったか
僕の記憶違いかな
どれにしても、もう、面も忘れてしまった
思い出す事も無いだろう
だが、どうせ、今でも金魚の糞みたいな大した事の無い小物として、飯を食い、垂れ流し、撒き散らすだけの、心が貧乏で害悪な生き方を相も変わらずしているだろうよ

そんな教育機関はどうせ金絡みとか何かで不祥事を出してる事だろうし

そんなおでんも口に入れたくもない、乞食の反吐食った方がましだ
いや、そんな者達はどうでもいい
思い出すだに忌々しく、人生と時間の無駄なだけだ
話を戻そう
しかし、幾ら調子に乗ったおっちょこちょいカテゴリーとは云っても「北斗の拳」のバットと「GS美神・極楽大作戦」の横島忠夫は例外
バットは後々、男気溢れる立派な好漢に育った訳だし
横島は数々の欠点を補って余り有る、得も言われぬ魅力が有るんだよな

何より、あの絶望的なまでの間抜けさは、何処となく、そこはかとなく、自分に似ている様な気もしないでもない
あの二人だったら、僕が嫌いなその枠近辺からでも、超法規的に松緑海賊団にスカウトしても有りかも知れない
等と考える、仕事を終え、御飯を食べ、一息吐きながら、ハードディスク内に溜まっていた「ゲゲゲの鬼太郎」を消化した今晩

この直近二週間は、そのねずみ男被告が出て来なかったので心穏やかだ、安心、安心

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    アクセス数

    アクセスカウンター

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM