714

  • 2018.12.17 Monday
  • 23:22

今月は歌舞伎座の十二月大歌舞伎、昼の部の「於染久松色読販」にては、中村鶴松さんと共演している
ちょっと、舞台上で擦れ違う位は有ったけれど、ちゃんと鶴松さんと一緒に芝居をするのは
何と、恐らく十六年振り
何故、はっきりと覚えているかと云うと
彼は、僕が四代目尾上松緑を襲名した、その年の大阪での襲名披露公演の「倭仮名在原系図」にて、僕が勤めていた奴蘭平実は伴義雄の息子
蘭平一子繁蔵を演ってくれていたのだ
まだ、その時は亡くなった中村勘三郎兄さんの門下に入る前で、本名で出ていたんだよな
懐かしい
今月の鳥屋口でも、彼とそんな話やらをしている
あんなに立派に頼もしくなって
中村屋の兄さんの薫陶の賜物だね
一回でも父親役をした者の親心としては、嬉しい限りだ

次回は近い内に、生きている鶴松さんと共演したいね
僕の蘭平で繁蔵を演ってくれた子役達は坂東巳之助さん、尾上右近さん、上村吉太朗さん
そして、上に書いた鶴松さんと
皆、立派な役者になっている
近々の二回は我が息子が演っている訳で
その、ちょっと年上の先輩たちに少しでも近付ける様に、自ら精進して欲しいと願っている
僕がまだ、動ける内に
いつ、居なくなっても大丈夫な様に

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    アクセス数

    アクセスカウンター

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM