尾上松緑、藤間勘右衞門の日記

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 702 | TOP | 704 >>

2018.11.06 Tuesday

703

今月は歌舞伎座の十一月吉例顔見世、昼の部にて、歌舞伎十八番の内「素襖落」を演じている

幕開きに市川團蔵さんと坂東亀蔵さんと、三人で下手の御幕から出る訳だが

その御幕の内での会話が

「段々、近くの物が見え難くなって来た」、「老眼が始まった」とか「腰が痛くなって来た」、「膝が痛い」だのと

すっかり、爺さん三人の会話になって来てしまってね

もう、そんな年齢なのかと

いやはや、笑いが出てしまうよ

市川笑也さんも、実はヴェテランの域と言ってもおかしくないのに、相変わらず、美しくて若々しいし

そんなこんなで、和気藹々と、明るいムードで芝居に向かって行けている

気分的にもコンディションも、今の所、いいペースで回っているんじゃないかと思っている

勿論、御幕が開いて舞台に出て行ってしまえば、三人共、一緒に出演している坂東巳之助さんや中村種之助さんには、まだまだ負けない若さのつもりで演っているよ


19:31 | - | - | - |

▲top