703

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 19:31

今月は歌舞伎座の十一月吉例顔見世、昼の部にて、歌舞伎十八番の内「素襖落」を演じている

幕開きに市川團蔵さんと坂東亀蔵さんと、三人で下手の御幕から出る訳だが

その御幕の内での会話が

「段々、近くの物が見え難くなって来た」、「老眼が始まった」とか「腰が痛くなって来た」、「膝が痛い」だのと

すっかり、爺さん三人の会話になって来てしまってね

もう、そんな年齢なのかと

いやはや、笑いが出てしまうよ

市川笑也さんも、実はヴェテランの域と言ってもおかしくないのに、相変わらず、美しくて若々しいし

そんなこんなで、和気藹々と、明るいムードで芝居に向かって行けている

気分的にもコンディションも、今の所、いいペースで回っているんじゃないかと思っている

勿論、御幕が開いて舞台に出て行ってしまえば、三人共、一緒に出演している坂東巳之助さんや中村種之助さんには、まだまだ負けない若さのつもりで演っているよ

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    アクセス数

    アクセスカウンター

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM