467
明日、明後日は岐阜
仕事は或る程度は順調に進んでいて、この岐阜が終わればこの八月も先が見えて一段落する筈なのだけれど、何だか今月は心身共にずっと雲が掛かっている気がする
先月、長年の懸案だった一件が無事に解決して、晴れ晴れとした気分の夏になろうべくあったのに、どうした事だろう
吐き気が治まらない
とは言っても明後日、藤盛会中部支部の舞踊会当日に踊る長唄「新曲浦島」は、僕の中では曇天のアンニュイな印象が非常に強い踊りなので、丁度いいタイミングなのかも知れない
塞翁が馬
イメージに沿う様にきっちりと嵌めて踊りたい
ちなみに、この「新曲浦島」は祖父よりも父の方が好んで踊っていた記憶が有る
話を変えよう
そう云った訳で、僕はこの夏は仕事と酒を飲む以外にはあまり表に出ずに、ずっと本ばかり読んでいた
漫画を除けば、ちょっと前の日記にも書いた通り、ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」を読み直したのを始め、これは紙面に載るかは分からないが、一つコラムを頼まれた手前、柴田錬三郎さんの「柴錬立川文庫」を全巻再読
司馬遼太郎さんの「風神の門」、火坂雅志さんの「霧隠才蔵」、宮本昌孝さんの「風魔」
また、黒武洋さんの「てのひらに爆弾を」を読んだ後、懐かしくなって「そして粛正の扉を」を読み返した
田中啓文さんの「猿猴」、「禍記」、石持浅海さんの「月の扉」、「セリヌンティウスの舟」、深見真さんの「ゴルゴタ」、牧野修さんの「屍の王」、小野不由美さんの「黒祠の島」、多崎礼さんの「煌夜祭」、郷内心瞳さんの「禁忌を書く」等々、初読、再読に関わらず本棚を漁った
そして、最近、今まではノータッチだったジャンルにも広げてみたよ
いや、正確には“子供の頃以来、遠ざかっていたのを再び読み始めた”と云う話か
それは、絵本
絵本と云うと、早速「何だ、餓鬼の遊びじゃないか、くだらない、あんな幼稚なのは読み物に入らんよ」なんて、頭ごなしに唸る輩の声が遠くの山彦から耳元まで木霊して来そうだけれど、そんな先入観だけで一席打つ有識者気取りの馬鹿な奴等は放っておけばいい
勝手にしろ
そして、勝手に死ね
どうぞ、お好きに野垂れ死ぬがいい
何がさて、幼稚な物か
僕も最近になって、やっと気が付いた
大人が読んでも十分に面白い、楽しい、或いは切ない、怖い絵本が沢山、在るんだね
良く良く考えてみれば、幼稚園や小学生の頃に読んだ絵本は全て、さも、隣の家や横の空き地、向かいの公園、近くの商店街とかで起きていた事件だったかの如き気持ちで読んでいたっけな
今日はその中から特に僕が気に入った三冊をピックアップしてみよう
一冊目は、鈴木のりたけさんの「ケチャップマン」
二冊目は、おのきがくさんの「かたあしだちょうのエルフ」
そして、三冊目はボー・ホルムベルイ作、絵はエヴァ・エリクソン、ひしきあきらこさん訳「パパはジョニーっていうんだ」
粗筋は敢えて書くまい、野暮になる
それぞれ、趣、アプローチ共に違った切り口の作品
深いよ
実に深い
気になったら是非、手に取ってみては如何だろうか
と、言った所で所詮、たかが僕の好みでしかないのだから、別に他人に無理矢理押し付けたりはしないさ
| - | - | - | - | - |
465
何だか、先月末に札幌から帰って来て此処の所、吐き気が治まらないんだよね
そうそう毎日飲み過ぎている訳では無いのに
夏バテなのか、薬の飲み合わせが悪いのかな
今年は特に人間ドックの結果が期待出来ない
今からからまた、講習会で仙台に向かうって云うのに
仙台で少しは体調も戻ればいいな
| - | - | - | - | - |
464
娘と息子に「何か笑える漫画は有るのか」と聞かれて、幾ら面白いからと云って「よんでますよ、アザゼルさん」を勧めた僕は教育上、良くない父親なのだろうか
いや、それ以前に悪い父親であるのは百も承知だが
せめて「はんだくん」とか「よつばと」とかにしておくべきだったろうか
ちなみに、娘からは「おそ松さん」を勧められたのだけれど、それは僕的に既にキープ済みであった
娘はチョロ松贔屓だそうだが、一松役の我が友、福山潤さんには何と言い訳しよう
そして、娘的には福山さんのイメージは「戦国BASARA」の小早川秀秋らしい
二重の意味で彼に何と言い訳しよう
| - | - | - | - | - |
461
今年は暑いと思ったらそうでもなかったり、例年以上に何だかはっきりしない夏だが、皆さんは如何お過ごしだろうか
僕はライジン・グリーンウィングとレッドブル・サマーエディションで乗り切っている
さて、突然だが、ミヒャエル・エンデと云う作家を御存知だろうか
ドイツの作家で「モモ」や「鏡の中の鏡」、そして映画「ネヴァーエンディングストーリー」の原作「はてしない物語」等の作者である
彼の作品には僕が持ち合わせていない夢と云う物が有る
子供の頃、その「ネヴァーエンディングストーリー」が大好きだった
勿論、原作も読んだ
実は、久々に稽古の合間に読み直しているんだ
今に至るまで僕の中ではファンタジー映画のジャンルであれに勝る作品には出逢っていない
バレット・オリヴァーもノア・ハサウェイも美しかった
そして何より、まだ夢なんて物を自分の中に持っていた頃、僕の夢はファルコンに乗る事だった
その時はアトレイユよりもバスティアン寄りの少年だったからね
でも「2」、「3」の映画は駄作だったな
もし、自分で「心が荒んでいる、ささくれ立っている」と感じる事が有ったなら、彼の作品を読んでみると、人生の中で失った何かを思い出せるかも知れないよ
| - | - | - | - | - |
459
ドナルド・トランプの御陰様で好きだったQueenの名曲「WeAreTheChampion」が、最近、掛かる度にげんなりする今日この頃だが、皆さんは如何お過ごしか
さて、一昨日、全世界中で話題の「ポケモンGo」のアプリがとうとう日本でも配信されたらしいね
もう既に町中でスマートフォン片手に他人の迷惑も省みず徘徊する愚か者を多数、目にするよ
僕はとても否定的
ただでさえ全世界中で死人、怪我人を乱発しているゲームなだけに、その所為で歌舞伎座や、他の劇場内でも無遠慮に携帯電話の電源を切らずにポケモンを探し歩く、マナーを弁えない馬鹿が今以上、増殖しない事を願って止まない
話を変えよう
一昨々日から沖縄県は那覇市に入っている
とは言ってもヴァケーションではない
今年の公文協中央コース・松竹大歌舞伎のラストの地が此処、那覇なのだ
昨日も公演をして、今日が千穐楽
これまで、那覇の地にはプライヴェートの旅行で来た事は有っても、仕事をしに来た事は無かった
今回、此処の舞台に立った事に因って、僕は日本の四十七都道府県全ての場所で公演を出来た訳だ
有難い
言わば全国制覇だ
殊に、この沖縄は楽しかった記憶が多く、それに違わず舞台も私生活も満喫させて貰っている
沖縄、いいよね
歌舞伎役者と日本舞踊家を引退したら、もとい、させられたら、沖縄か福岡に移住したいね
身体は本調子とは程遠いが残り一回、歌舞伎十八番の内「鳴神」の鳴神上人で、何とか無事に千穐楽を迎えられそうだ
しかし、これで終わりではない
明日になれば、今回の座組の中で、沖縄に残って夏休みを過ごす方も居るし、また、大体の人達は飛行機で各々の地元に帰る
でも、僕は明日、那覇空港から北海道の千歳空港へ飛ぶのである
まさに日本縦断
箏曲の萩岡松韻宗家に御依頼頂いた仕事で、東京芸術大学の催し「邦楽のススメ」札幌公演で箏曲「萬歳」を踊るのだ
ちなみに松韻宗家は中村歌昇さんの舅君でもあらせられる
我が家元藤間流には箏曲の「萬歳」と云う踊りはしっかりと決まった振りが無い
そこで、僕が振付から担当して御祝儀物の素踊りとして新しく練ったのだ
短い曲だけれど、なかなかに動きが多く、それでいて分かり易く仕上げられたと思っている
明後日が舞台稽古で明々後日が本番
札幌かでるホールと云う劇場なので、時間が有る方は覗きに来て頂けると幸い
本番を終えたら、その足で東京に戻って、人間ドック
続いて、宮城県仙台市での夏の講習会の清元「鳥刺」や、その後の岐阜県での藤盛会中部支部の舞踊公演で踊る長唄「新曲浦島」の稽古
他にも、再来月に国立劇場大劇場で催される藤盛会東京支部舞踊公演の長唄「太刀盗人」の稽古
それに、市川九團次さんに頼まれている、彼の自主公演のこれまた「太刀盗人」の稽古等々
自分の稽古だけではなく、他の人達の稽古も見なければいけない
あまり一息吐いてもいられない
今年もまた、忙しい夏になる
| - | - | - | - | - |
458
いや、あまりの嬉しさにちょっと浮かれ過ぎてしまったのかな
僕らしくない
今日は山形県は酒田市の酒田市民会館希望ホールでの公演だったんだけど、ホテルから会館に向かうタクシーの中に携帯電話を置き忘れて降りてしまった
で、楽屋で気付いてタクシー会社に電話掛けたら届けてくれた
酒田のタクシーの運転手さん、いい人だ
危機一髪
領収書を貰っといて良かったよ
本当に危なかった
ギリギリセーフ
さて、明日は約六時間掛けて移動して、名古屋だ
御飯は餡掛けスパゲティにするか
それとも、手羽先にしようか
台湾ラーメンも捨て難い
そうか、今日も酒田泊まりだったんだから、御飯は弁慶飯か、若しくは山形県はラーメンが名物なんだから酒田ラーメンとかにすれば良かったかな
| - | - | - | - | - |
455
先斗町の火事
知ってる店や馴染みの姉さん達にはあまり被害が及んでいない様だが
あんな狭い通りで火を出す
あまつさえ、御近所周囲に迷惑まで掛けた上に怪我人まで出すだなんて、その店は何を考えてるんだか
管理が甘いにも程が有る
昔に比べると随分と猥雑になったとは云え、街並み自体が文化みたいな土地の一つなんだから、そこに店を構えるんなら、ちゃんとした意識と自覚を持って商売して貰いたい物だね、全く
と、京都に滞在している時には良く世話になる僕も、他人事では無いから心配にもなるし、火事を出した店に憤慨もする訳だ
| - | - | - | - | - |
454
忠義
この世の中に無償の忠誠心等、存在しない
忠誠を得る為にはそれなりの見返りが必要だ
時にそれは金銭であったりもするだろう
時にそれは物品であったりもするだろう
だが、何よりも一番、人の心を繋ぎ止めるのは勿論、気持ち、心意気である
「側に居て欲しい」
「お前の力が必要だ」
その思いが伝わる態度や言葉、それを心を許せる相手から一つでも貰えたならば、自らの命さえも惜しまずにその人の為に一生を投げ捨てられる
依存等と云う簡単で甘っちょろい物とは全く違う
真の忠誠心とはそう云う物だ
僕は固くそう思っている
| - | - | - | - | - |
453
SoftBalletの森岡賢さん、亡くなっていたのか
全く知らなかった
好きなバンドの一つだったから、哀しみは大いに感じている
RestInPiece
イギリスもEUから離脱しちゃって、日本の経済にだって少なからず良くない影響を与えるだろうし
やっぱり、そう云う事も全て含めて、新聞は読んでいないと駄目だよね
ちゃんとした世の中の移り変わりを把握する為の知識、情報の吸収にはインターネットなんて小手先じゃ話にならない
今、僕の相性に合う物が見当たらないので取っていないんだが
先入観や偏見、依怙贔屓、提灯記事等が一切無い、全てがニュートラルで中立、且つ公正な新聞は無いのかな
存在するなら、また取りたいんだけどな
そんな、ちゃんとした代物を希望する事自体が理想論でしかないのかな
地方紙でもいいから、僕の願いに近い物が存在するなら教えて欲しい
ただし、僕の以前からの個人的感情で、一方的に偏りまくって大して調べも勉強もせずに思い込み、思い付きだけで一端に大口のみ叩く、何処まで行っても小者と云う小者揃いでしかない、日本経済新聞と東京新聞、朝日新聞には特に購読料なんぞ鐚一文落としたくないので、それ以外で是非
| - | - | - | - | - |
452
迷惑な事に、わざわざ耳に入れる必要の無い情報を忠臣面して持って来る奴は良く居るのだよな
御陰様で、聞きたくもない話をちょっと小耳に挟んでしまったんだけど
本当だとしたらその人間は何を思って言っているんだろう
何を勉強したんだろう
気は確かか
「時今也桔梗旗揚」の武智十兵衛光秀は、愛宕山で遠寄せの陣太鼓が鳴り響くその瞬間まで一切、自分の口から妻の皐月にも妹の桔梗にも、謀反を起こす決意を打ち明けてなんかいないんだけどな
だからこそ、その二人が本能寺での悔しさと悲しさから涙を流す訳で
そんな事も分かっていないのか
大して調べもせずに思い込み、思い付きだけで一端に大口のみは叩く
それで良く、「専門家、評論家で御座居」等と宣って気取っていられる物だ
大学の教授なんて勤めて、偉そうに学生に教えていて恥ずかしくないのかな
最早、教授となんて呼べない、ただ、尻尾振り振り提灯翳して御主人様の大名行列を先陣切って練り歩くだけの太鼓持ちでしかないね
確かに、大学の教授はなかなか出来る仕事ではないが、寄生虫って商売は飼い主様の肩の塵払って胡麻摺ってりゃ誰にでも出来る商売だもの
何処まで行っても小者は小者でしかないわね
いや、所詮は他人
他人のする事、言う事等、犬の糞みたいな物だからな
自分以外の人間に何かを求める方が間違っていた
他人に期待するのが無駄
| - | - | - | - | - |